ガラス工房マルさんが新しくOPENされる展示&workshopスペースのテーブルを作製しました。

サイズ、木、出来上がりの雰囲気をお聞きして材は栗で加工は自然な形状を残してお作りしました。

栗は使い込むほどに木色が黒っぽくいい感じに経年変化していく丈夫な木です。

ダイナミックで武骨な日本の木です。なにより栗の木は馴染みが深いですね。

木選びの場面でぜひ日本の木で!と木を選ばれるお客様がおられます。日本の木も外国の木もそれぞれに良さがあり違いがあり

材木で製品になった時の雰囲気はまったく変わります。

新しく木製家具をお考えのお客様、ぜひオーダーで配置するスペースのサイズと雰囲気に合った

一生ものの家具をお選びください。ご相談承ります。